色々読んでしまった三毛別事件本。


三毛別羆事件 2-3



三毛別羆事件 2-7




『三毛別羆事件』のあらましを、『慟哭の谷 北海道三毛別・史上最悪のヒグマ襲撃事件』等の作品の内容をご紹介しつつ追ってみたいと思います。








事件が起こったのは大正四年(1915年)の暮れ、場所は苫前村三毛別の奥地、通称六線沢開拓地。


5-1




矢口高雄著 『野性伝説 羆風』には、

3羆風


六線沢開拓地に住む開拓民の方々の家の配置図が載っています。



5-2
↑ この地図は他の作品には載っていない、『野性伝説』独自情報。



三毛別川の支流、御料川の中流域に沿って細長く家々が点々と。。。




この六線沢集落の下流にある池田富蔵さん宅での作物の被害が、この事件の端緒でした。


三毛別羆事件 4-1
矢口高雄著『野性伝説 羆風 上巻』より 池田富蔵家の図






十一月の始めの未明、突然馬がいななき始め、戸外には激しく壁を蹴りつける音が、、、


三毛別羆事件 4-2


この当時、付近の森などで熊が出没するのは珍しい事ではなかった為、池田氏もこの時点ではあまり危機感を持っていなかったのだとか。

しかし二十日過ぎの未明、再び家の外で物音が。。。





その時、窓から見た光景は、、、


三毛別羆事件 4-3





軒先に吊るし干しされたトウキビを奪う小山のような巨大羆!



三毛別羆事件 4-4
 同上『野性伝説 羆風 上』より




その姿は。。。



三毛別羆事件 4-5



現実には池田氏は、この時点で熊の姿はまだ見ていなかったようですが、『羆風』では「クマが出た!」と漬物樽を打ち鳴らしながら外に飛び出して叫んだり、『羆嵐』では「家畜の馬が襲われたらどうする。何とかしろ!」と詰め寄る奥さんとケンカしたりする描写も。。。



ともかく、二度も家を襲われ、流石に不安を感じた池田氏は近隣のマタギに熊の駆除を依頼。


三毛別羆事件 4-6


その日から池田宅に二人のマタギが毎晩泊まり込み、羆の出没を待つ事に。




そして11月30日——


家の外で。。。!!




三毛別羆事件 4-7



巨大羆を撃ち取る絶好のチャンスが!




三毛別羆事件 5-1


再び池田家のトウキビを狙いに来た羆。
マタギ達にとって絶好のチャンスだったものの功を焦り、十分に狙いをつける前に撃ってしまい、逃げられてしまう。
銃撃による傷を負わせる事は出来たものの、致命傷には至らず。


翌朝、手負いのままにしては危険なため、羆が逃げた山に討伐に向かうものの天候が急変。
猛吹雪となり遭難の恐れが出たため追跡を断念。


5-1
『野性伝説 羆風』より


この事に関して、小説『羆風』にはこう書かれています。




人間たちはこのときルールを破ったのだ。
もしこのとき多勢の人間と犬とが出動していたなら、野性は無罪の判決を下していたに違いない。


戸川幸夫 著 『羆風』より




三毛別羆事件 5-2




人間の領域に踏み込み、ルールを破った者への厳正な対処を怠った為に、何が起こるのか。
『野性伝説 羆風』には以下のように袈裟懸けの心理を表現しています。



三毛別羆事件 5-3

三毛別羆事件 5-4






三毛別羆事件 5-5





エサ不足で飢えている袈裟懸けにとっては、生き残るために先祖代々住み続けて来たこの土地から食物を調達するのは当たり前の話。

5-4



人間の側とて、自らの財産である食料を奪おうとする者がいれば、生き残るために攻撃して排除するのも当たり前の話。


5-2





人も羆も自然の一員として生き残るための行動が、



5-3





いつの間にか野性に背き、ボタンの掛け違えになって互いに破滅へと…




三毛別羆事件 5-7
引用画像は全て『野性伝説 羆風 上巻』より



それは十二月九日、六線沢開拓部落の太田家での惨劇で幕を開けるのであります…